営業をアウトソーシング!営業代行って本当に頼りにしていいの?


営業をアウトソーシングできる営業代行の実力は?

「営業無くして事業なし」。そんな言葉がありますが、実際に営業で苦労している企業は多いものです。特に、営業を行いたいと思っていても、商品やサービスの開発・メンテナンスに追われる新規事業のスタートアップ期などは効果的な営業戦略を打つことが難しく、事業を軌道に乗せるのが難しいこともあります。こういった場合に、営業代行を利用し、営業活動をアウトソーシングすることもひとつの方法ですが、営業代行の実力はいかがなものでしょうか。

営業代行は営業のプロである

営業代行という仕事は、依頼者のビジネスパートナーとして活動します。営業人員の不足を補うために、さまざまな機能を提供するスタイルが一般的です。たとえば、現場に入って社員と一緒に営業に出ることもありますし、見込み客発掘やアポイントを取り付けるためにアポハンターと呼ばれるスタッフが電話やメールで営業代行を行ってくれることもあります。

営業代行といっても、当然ながら開発・提供元の企業と比較すると商品知識はありません。しかし、営業に関する知識や技術を磨いている専門家たちが営業を行いますので、営業ノウハウの不足している企業が自力で営業活動を行う場合よりも成果につながることが多いです。

営業ノウハウの蓄積にも有効

まだ若い企業の場合、社内に営業ノウハウが蓄積されておらず、そのために効果的な営業活動ができないことも少なくありません。経営者がエンジニア出身で、営業ノウハウがないケースも多いものです。こういった場合、営業に強いメンバーがいることが望ましいのですが、いない場合は内部で育てるしかありません。営業代行は、当座しのぎとして営業人員を確保するだけでなく、一緒に営業活動を行う中で自社社員がノウハウを学べるメリットがあります。また、営業代行事業者によっては、効果的な営業力の強化に向けて、営業力診断を行ってくれる企業も多いです。提供サービスをうまく活用することで、社内の営業ノウハウの蓄積に役立つでしょう。

営業代行の活用は効果的な経営戦略

こうした営業代行はさまざまな業界で利用されており、会社数や利用者数も着実に増加しています。営業代行は営業の専門家集団ですので、その実力は確かです。自信のある企業は、完全成果報酬の形をとっていて、企業にとって負担のない形でサービスを提供しています。営業力強化のため、またビジネスでもっとも力を入れたい部分に注力するために、営業代行の活用は効果的な戦略だといえるでしょう。自社の営業力や人員に不安がある場合は、その利用を考えてみてはいかがでしょうか。

営業代行とは、お客様とコンタクトをとり商品やサービスの販売を促進したり、見込み客との連絡や商談を代行するなど企業の商品やサービスを売るための一連の営業プロセスを企業に代わって行うサービスのことです。